-->

イミグレーション・ミュージアム・東京(IMM)
地域に居住する外国人との交流を通して企画されるアートプロジェクト。地域に暮らすニューカ マーの生活様式や文化背景を紹介するとともに、それが日常の中で変容していく諸相を「適応」「保持」「融合」という3つのキーワードから探ります。


Immigration Museum Tokyo
Immigration Museum Tokyo uses the methodology of contemporary art to create collective works of art inspired by the accounts of local non-Japanese residents living in Japan. The ultimate goal of the project is to create a new type of a museum to present this collection of work. The project revolves around artist Shigeaki Iwai and unfolds through diverse, independent exhibitions and activities.
http://www.immigration-museum-tokyo.org/


企画・監修:岩井成昭|いわい しげあき
美術家/イミグレーション・ミュージアム・東京 主宰。
1990年より国内および欧州、豪州、東南アジアの特定コミュニティの調査をもとに、映像、音響、テキストなどを複合的に使用した視覚表現を展開。近年はあらゆる世代を対象にしたワークショップや、多文化研究活動を並行して実施中。秋田公立美術大学教授、東京藝術大学非常勤講師。


Produce and Supervision: Shigeaki Iwai
(Artist / Director, Pilot Project for the Immigration Museum Tokyo)
Iwai has continued to produce a variety of visual expressions that are composites of video, sound and text based on his research of specific communities in Japan, as well as in Europe, Australia and South East Asia which he began conducting in 1990. In recent years, alongside these activities, he has been hosting workshops for all generations and conducting research on multiculturalism. Professor – Akita University of Art, lecturer – Tokyo University of the Arts Musical Creativity and the Environment.
iwaishigeaki.com



過去のイミグレーション・ミュージアム・東京
・2013年度
http://aaa-senju.com/2013/imi
・2014年度
http://aaa-senju.com/2014/imi
・2015年度
http://aaa-senju.com/2015/p/8223

ysichiba-rogo

助成:一般財団法人YS市庭コミュニティー財団

文化庁 2

BKR_daigaku_1_0122

logo_ga0414-en 2

平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事「グローバル時代のアートプロジェクトを担うマネジメント人材育成事業」